ペットの迷子対策の切り札!マイクロチップを入れましょう!

マイクロチップとは?

  • マイクロチップは、長さ約8~12㎜の器具で、チップには、世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されています。
  • 動物の安全で確実な身元証明の方法として、ヨーロッパやアメリカをはじめ、世界中で広く使われています。
  • 日本でも、ようやく利用者が増えてきました。

マイクロチップって安全なの?

  • マイクロチップは、生体適合ガラスで囲われており、埋め込み後も過度な痛みや負担を与えません。埋め込み時も、通常の人間の注射と同じぐらいの痛みです。
  • また、これまで、故障や外部からの衝撃による破損の報告はありません。
  • ほ乳類、鳥類、は虫類(カメ・へびなど)、魚類など、ほとんどの動物に使用できます。

どうやって迷子を探すの?

  • マイクロチップリーダーは、全国の動物保護センターや保健所に設置されています。ペットが保健所などに保護された時にマイクロチップ読み取りが行われ、飼い主の元に連絡がくる事になります。

どうすればマイクロチップを入れられるの?

  • かねだい店頭や、動物病院などで埋め込みが可能です。
  • 埋め込み後は、飼い主の方がマイクロチップ番号、飼い主氏名、住所、連絡先などを動物ID普及推進会議(AIPO)に郵送し、登録料1,000円を支払う必要があります。
  • 詳しくはかねだい店員までお気軽にお声がけ下さい。